さやま保育園ふじみ

Home > 学び> さやま保育園ふじみ

狭山市の保育園「働くママの笑顔に貢献」さやま保育園ふじみ


保育所の関連情報

保育園は、保護者が働いているなどの何らかの理由によって保育を必要とする児童を預り、保育することを目的とする通所の施設。日本では、児童福祉法第7条に規定される「児童福祉施設」となっている。本項では、日本の保育所について解説する。 施設名を「○○保育園」とする場合も多いが、あくまでも「保育園」は通称であり、同法上の名称は「保育所」である(尚、市区町村の条例で施設名を〇〇保育園と定める例がある)。 地域によっては、公立を保育所・私立を保育園という形式で分けるところや、施設面積が広いところを保育園・狭いところを保育所とするところもある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

狭山市のさやま保育園ふじみは「働くママの笑顔に貢献したい」という想いから、内閣府の「企業主導型保育事業」を活用し、働くママの目線に立った新しいスタイルの保育園です。小規模ですが、家庭的な雰囲気の中、愛情いっぱいで大切なお子様をお預かりします。

狭山市の保育園にもよりますが子供の食事は基本的に給食メインですが、お弁当を持参することもあります。まだ小さな子供ですから量はさほど食べませんが、狭山市の保育園でのお弁当持参の日は、子供はママの作るお弁当にワクワクするのは間違いありません。毎日ママの作るおいしい食事を食べてはいるものの、子供の社会経験を積む場所である狭山市の保育園で食べるお弁当は、ほかの子供と一緒に食べる格別の食事です。まだ1歳から2歳くらいの子供に持たせるお弁当であれば、できるだけ味に関しては薄味を心がけるようにします。大人のようにまだこの時期には、完全に小物も味覚は完成をしていなので、濃い味付けは子供の口には合いません。逆に濃い味付けに幼いころから慣れてしまうと、子供の味覚は大人になってからも変わりにくく、健康にも良くはないので、優しい薄味でおかずは用意をすることです。子供はかわいいキャラクターグッズやカラフルな色彩が好きなので、ママもお弁当作りをする際には、ついかわいいお弁当グッズを選びますが、お弁当には口に入れて危険なものは入れてはいけません。年齢的に1歳や2歳くらいの時の自己防衛の管理意識は浅いので、かわいいといっても鋭利なピックなどは、少し目を離したすきに口に入れてしまいます。ただでさえお弁当の日は子供は大はしゃぎをするので、にぎやかな中では先生の目もなかなか行き届かないので、子供のお弁当は安全第一が基本です。子供用のおにぎりにしても大人感覚で巻くのは危険であり、まだ幼いうちは海苔さえも上手にかみ切れないので、そのまま飲み込んでのどに詰まらせてしまうことがあります。おにぎりを作るときには、子供の口で一口サイズにすること、さらに海苔をまくなら細かくちぎって巻くなど工夫が必要です。集団で食事をしていると、すべての子供に保育士の目が届きにくくなるので、子供の食べやすい大きさにカットして、安全に食べられることを最優先します。

注目キーワード

無認可保育所
国の認可や認証を受けない保育所のこと。東京都の場合は、認証保育所でもない保育所のことを指す。24時間保育などを行っている所などがある。公的助成がほとんど無いので保育料が比較的高いとされる。
認証保育所
東京都独自の基準を設定し、都と区が補助している保育所のこと。原則13時間以上の開所が義務づけられている。また、0歳から入所できる。駅前に設置することを基本としたA型と、保育室制度からの移行を中心とした小規......
[関連情報:狭山市 保育園
PAGE TOP ↑