陣内ウィメンズクリニック

Home > エステサロン> 陣内ウィメンズクリニック

不妊治療・体外受精のご相談は自由が丘【陣内ウィメンズクリニック】当婦人科で妊活をフルサポート |


病院の関連情報

病院(びょういん、英: hospital)は、疾病や疾患を抱えた人(病人、患者)に対し医療を提供したり、病人を収容する施設(の中でも一定の規模のもの)のこと。 病院の設立者は公的セクターが多いが、また保健組織(営利または非営利団体)、保険会社、慈善団体などがある。病院は歴史的に、その多くが宗教系修道会や慈善家によって設立・運営されてきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

東京都自由が丘の不妊治療専門「陣内ウィメンズクリニック」では、体外受精・顕微授精を中心とした妊娠希望専門クリニックです。赤ちゃんを望まれるご夫婦の想いを一日でも早く叶えられるように、薬を使い過ぎない、体に負担を掛けない優しい高度生殖医療を提供してまいります。

不妊に悩んでいる夫婦が増加をしています。様々な原因が考えられますが双方に原因がないということもあります。原因不明の不妊症ともなってしまうと治療も積極的に受けにくくなってしまうでしょう。不妊治療にはお金もかかってしまうので、どこまで受けるのかということを事前に夫婦で話し合っておく必要はあります。デリケートな問題なので治療を受ける前に話すということはとても大切です。最近では不妊治療にも助成金を出そうとする動きもあります。少子化が社会的な問題になっているので、子どもが欲しくても授かることができないという夫婦の金銭的な悩みを解決させるというのはとても効果があることです。また医療機関も産科と不妊治療の専門を一緒にしないなどの配慮が求められています。子どもを連れて受診をすることができないということにしておけば、精神的に不安定になるリスクも減らすことができます。不妊治療で医療機関を訪れているのに、元気に走り回っている子どもの姿を見るというのは残酷なことです。産科とは全く別になっていれば、悲しい気持ちになることもないでしょう。原因を追究してそれでも分からない場合には体外受精などの手段に進むことになります。お金もかかってくることなので、何回までチャレンジをするのかということも考えておく必要があります。受精卵を凍結することもできますし、その保管の期限も設定されているので、期限を迎える前に廃棄をするのかどうかも決める必要があります。子どもを望まない生活をするのか、それともどうしても血がつながった子どもを望むのかということは、人生の中でも大きな問題となるでしょう。もっとお金のことを気にせずに治療を受けることができる環境になれば、子どもを望む夫婦も増えるかもしれません。ホルモンの調整など自己管理も求められるので、特に女性にかかる負担は大きくなってしまいます。せめて経済的な負担だけでも軽減されればいいのかもしれません。

注目キーワード

病院送り
格闘技などで相手選手に大怪我を負わせる事。
病院
医療法の定義では 「病院」とは、医師又は歯科医師が、公衆又は特定多数人のため医業又は歯科医業を行う場所であつて、20人以上の患者を入院させるための施設を有するものをいう。病院は、傷病者が、科学的でかつ...
[関連情報:不妊治療
PAGE TOP ↑