ベアーズコーポレーション株式会社

Home > 住居・家屋> ベアーズコーポレーション株式会社

ベアーズコーポレーション


不動産の関連情報

不動産(ふどうさん、英: immovables)とは、国際私法や大陸法系の民事法で用いられる概念であり、大まかにいうと土地とその定着物、あるいはそれらに対する物権を広く含むこともある。英米法系の民事法における物的財産(real property)に近似する概念であり、その訳語としても用いられることが多い。 日本法においては、土地及びその定着物をいうとされ(民法86条)、条文上の直接の根拠はないが、建物それ自体が土地とは別個の不動産とされる(不動産登記法はそのような前提で定められている)。これは台湾民法にもみられるが、比較法的には珍しい。この他にも特別の法律により立木、鉄道財団等も一個の不動産とされている。 また、本来は不動産ではないが、法律や行政上などで不動産に準じて扱われることがあるものとして船舶、航空機、鉱業権などがある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

茨木市の不動産情報を完全網羅! 新築・中古一戸建て、中古マンション、売土地。お目当ての物件情報を簡単に検索出来ます。物件探しは掲載物件数地域ナンバーワンのベアーズコーポレーション株式会社

日常的な生活をするのに、スーパーなどの買い物の施設が必要になります。一般的な買い物ができるお店もいいですが、さらに大きな店舗などがあると特別な買い物などもできます。ショッピングモールと呼ばれるような施設になると全国のどこにでもあるわけではないので、新たに不動産を購入しようとするならその近くなども狙い目にするかもしれません。大阪府は全国的に見ると都市とされています。茨木市は大阪府の中でも北部に位置し、市の半分ぐらいは山間部です。ただ、山間部以外は非常に開発が進んでいて、鉄道や道路などが整備されていて済みやすくなっています。茨木市で不動産を購入しようとするとき、商業施設などはどうなっているのかチェックしておくと良いでしょう。非常に人口の多い市になるので、住宅地を中心にそれなりに商業施設があります。スーパーマーケットであったりコンビニなどは、生活に困らない程度にあるといえます。その中でも大きな施設として大手スーパーが運営するショッピングモールがあります。茨木駅からほど近いところにあり、市内を走る道路沿いに設置されています。スーパー機能だけでなく、映画館や飲食店などのアミューズメント施設などもあり、他の市からも訪れる人が多いところです。付近の不動産を利用すれば、かなり住みやすいかもしれません。茨木市内には鉄道の駅がいくつかありますが、駅周辺であればスーパーなどがあるので買い物などには困りません。北部にある住宅地などでも買い物をする施設があります。私鉄駅付近にはアーケードも残されています。アーケード内のお店はほとんどが営業している活気のあるところで、こちら付近の不動産を利用しても買い物には困らないでしょう。スーパーで買い物をするだけでなく、商店街で店主と話をしながら買い物を楽しむことができます。飲食店も多いですが、駅の近くや幹線道路沿いであれば24時間営業タイプの飲食店もあります。夜遅く帰宅する人などでも利用しやすくなっています。

注目キーワード

不動産市場
【real estate market】 不動産のマーケット
不動産取得税
不動産の取得に対して課せられる税。普通税、道府県税に分類される。
PAGE TOP ↑