家CoCo

Home > 住居・家屋> 家CoCo

千葉でリフォームなら家CoCo (うちここ)|船橋・千葉・八千代・印西・佐倉・習志野のリフォーム・リノベーション


リフォームの関連情報

リフォームとは、居住の改築や改装のことで、特に内外装の改装を差す和製英語。 英語の reform は「改心する、改正する」もしくは広く「作り直す」の意であり、日本語の「住宅リフォーム」に相当する語は renovation、refurbish である。また、建築業者の中には「リフォーム」ではなく、「家を作り直す」との意を込めて「リホーム」 (rehome) としているところもある(これも和製英語)。
※テキストはWikipedia より引用しています。

千葉県でリフォームをお考えならぜひ家CoCo(うちここ)にお任せください!お客様に寄り添った住まいの増改築、デザインリフォームで理想の住まいづくりのお手伝いを致します。マンションリフォームや戸建リノベーションをお考えの方、船橋、千葉、八千代も対応。

愛着のある我が家も、長く暮らし続けているうちにさまざまな設備が劣化して住みにくくなってしまうことがあります。特にキッチンやバスルームなどの水回りは住まいの設備の中でももっとも劣化が早く、カビやサビ、排水口のつまりや給湯器の故障等が目立つ箇所です。いつまでも快適な我が家で暮らし続けたい、そんな方には千葉のリフォーム会社での改築をおすすめします。千葉のリフォーム会社はキッチンやバスルームなどの水回りの改築を多く手がけ、より快適で暮らしやすい水回りを実現してくれます。もっともリフォームのご希望が多い設備がバスルームです。常に湿度に晒されていて、カビやサビの温床となってしまっているバスルームは、不衛生になりがちな設備です。また排水口にはゴミなどが溜まり、臭いの原因となってしまっていることもあります。一日の疲れをゆっくり癒したい憩いのスペースでもあるバスルームは、専門業者に依頼して改築することで、管理しやすい快適なリラックススペースになります。千葉のリフォーム会社ではこうしたバスルームをお掃除が楽なユニットバスに改築したり、スペースをもっと有効活用して洗い場や湯船を広く取る改築を行っています。最近ではバスルームの素材も進化しており、床や壁の水切れが良いものが人気です。水切れが良い素材を使うと湿気がたまるのを防ぎ、いつでもカラリとしたカビにくい浴室を維持することができ、湯あか水あかも溜まりにくくなって毎日の掃除も楽になります。また湯船のお湯が冷めにくいバスタブなどもおすすめです。冷めにくい湯船は追い焚きの回数を減らすことができるため、大変エコロジーでガス代も節約することができます。古くなったバスルームの不満は、千葉のリフォーム会社に改築を依頼することで解消できます。今のお風呂場よりももっと使いやすく、快適でエコロジーなバスルームで一日の疲れを取るリラックスタイムを過ごすことができます。

注目キーワード

リフォーム
reform は英語だと、改正などの意味で使用される。 日本では、『作り変える』意味で使われることが多い。 +服の仕立て直し。 +建物などの改築、増築、改装。リモデルも参照。
悪質リフォーム
住宅リフォームで悪質なもの。不必要な工事や法外な料金請求など。 2005年は、認知症の老人につけこんだ「次々販売」が問題になったりした。
PAGE TOP ↑