あかりホームクラフト株式会社

Home > 住居・家屋> あかりホームクラフト株式会社

注文住宅は藤沢市湘南台のあかりホームクラフトにお任せ


住宅の関連情報

住宅(じゅうたく)は、人の居住を用途とする建築物。「住居」とも言う。生活範囲となる環境を含める場合もある。 ひとつの敷地に一世帯が居住する「一戸建(て)」(戸建(て)、個人住宅とも言う。建築基準法においては専用住宅)と、複数世帯が居住する「集合住宅」(建築基準法においては共同住宅)とに大別される。また、自己が所有し居住する持ち家と、他人が所有する住宅を借りて居住する貸家(貸間)・賃貸住宅に分けることもできる。 その形には、社会の変化に応じて流行もあり、和風住宅、洋風、欧風住宅といった呼び名があり、また、高齢者の在宅ケアなどのための同居する人が増えるようになり、二世帯、三世帯住宅や、高齢者住宅、バリアフリー住宅といった呼称も出てきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

神奈川を中心に注文住宅でお客様に快適な暮らしを提供している藤沢市湘南台の あかりホームクラフトです。また、注文住宅の他に、住まいのリフォームも承っ ています。完全自由設計の注文設計をしている当社だからこそ、より快適な暮ら しをご提供できます。

多様な価値観が存在して様々なライフスタイルが存在する中で、 ライフスタイルを満喫できる魅力的な間取りの注文住宅が人気となっています。注文住宅の人気の理由として、自然エネルギーを上手に活用できることがあります。自然エネルギーを活用するパッシブシステムに対する注目は、藤沢でも高いです。日射しのコントロールが住まいの快適性に与える影響は大きいです。軒で日射しをコントロールすることで、自然光を調節してエネルギーを節約することができます。入り込む自然光の量を調節することで、照明機器を使用しないでも日中を自然光で過ごすこともできます。自然エネルギーを活用することで、冷暖房の負荷を少なくして省エネ生活を送ることができます。藤沢で四季を快適に過ごすには、夏をいかに快適に過ごすかを考える必要もあります。マリンスポーツも盛んな藤沢では夏の時間を重視する人が多いです。暑い夏は木陰や北側の涼しい風を室内にいかに取り込むかが大切です。注文住宅を藤沢に建てることを計画する時は、夏の風の流れを意識することも大切です。住まい全体に風の流れを作るには、吹き抜けに窓を設置すると効果的です。その窓を開けることで、住まい全体に風の流れを作ることができます。開けた窓から自然と風が入り込む煙突効果を上手く活用することは大切です。北側に地窓があると、室温を下げることができて夏の時間が快適になります。夏を快適に過ごすには、庭に緑のカーテンを造ることも重要です。植栽によって室内を涼しくすることで、夏の時間が心地良くなります。注文住宅は様々な機能を持つことができて、雨水を活用することもできます。屋根面に降った雨を雨どいで集めて、タンクに貯めることで庭の散水などに使用することができます。こうしたシステムを作ることで、水道代の節約を図ることもできます。藤沢で注文住宅を建てる際のコストを考える時は、住まいの省エネ性によるランニングコストの低下を意識することも重要です。

注目キーワード

住宅街
住宅地が集まった地域のこと。
住宅
人の居住を用途とする建築物のこと。 別名:「住居」「マイホーム」 周囲の環境から住人の快適な生活を守るものであり、生活範囲となる環境を含める場合もある。
[関連情報:注文住宅 藤沢
PAGE TOP ↑