看板デザイン相談所

Home > サービス事業> 看板デザイン相談所

店舗の看板デザイン、施工は【看板デザイン相談所】神奈川・東京 | 店舗の看板デザイン、施工は【看板デザイン相談所】へ


看板の関連情報

看板(かんばん)とは、宣伝、広告等のために使われる、木、プラスチック、金属(ステンレスなど)等、ある程度耐久性のあるものを材質とした、通常は板状の物体。近年では低コスト・高耐久性のあるアルミ複合板が広く使用されている。 主に屋外に使用されるものを指すことが多いが、広義では室名札やディスプレイ用のパネルなど屋内で使用されるものも看板と見なす。英語ではsign(サイン)と言い表され、「標識」「目印」といった意味合いを持つことから、宣伝、広告の意味以外にも、見るものに対し、何らかの情報を伝えるための表示物と捉える場合もある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

おしゃれ看板の専門店。看板デザインで集客、ブランディングを考えトータルでプロデュース。横浜を中心に、神奈川・東京・関東近郊まで。飲食店、学習塾、クリニックなどのお店や商業施設の実績多数掲載。看板デザイン~設置まで安心してお任せ頂けます。

お店の位置を知らせたり、広告として利用されるアイテムとして看板があります。看板自体はデザインの内容によっては、多くの人に見てもらう事で様々な効果が期待できますよね。実際にお店の名前を知らせる場合や、取り扱っている商品をアピールすることにも使えますよね。またその他にデザインによって、商品や店舗の雰囲気やイメージなどを伝える事ができます。では実際に作成する場合ですが、一般的には専門の業者に依頼することが多いです。プロが制作してくれるので、出来上がりのクオリティーはとても高いです。また仕上がりも希望通りの物を作成してもらえるので、満足して活用することもできますね。ですがやはり業者に依頼した場合は、制作するための費用がかかってしまいます。特に様々な希望を踏まえて制作を依頼した場合は、思いのほかに費用が割高になることもありますよ。実際に制作する際に費用の内訳ですが、まずは看板の素材のとなる本体代金がありますよ。利用できる素材には色々種類があり、素材によっては価格も大きく違ってきます。また作成するサイズによっても費用は変わってくるので、より大きい物を希望する場合はそれだけ本体代が割高になりますよ。次に発生する費用ですが印刷作業代などが含まれます。昔は手書きで書くことが多くありましたが、最近ではプリントアウトした用紙を貼り付けるタイプが殆どです。印刷するためには特殊なサイズの印刷機を利用することになり、サイズも大きなものになるのでその分印刷代も高くなる傾向があります。最後にデザイン制作費用になります。デザイン自体は依頼する側はある程度の基礎があればよいですが、まったく最初から作成してもらう場合は費用が発生します。作成後のイメージなどを伝えたうえで制作会社側が様々なソフトを駆使して作成となるので、その分の費用が必要となります。このように1つの看板を作成する場合は、様々な内容に費用が発生し素材やサイズによっても変わってくるとわかります。
PAGE TOP ↑