ドリームネット

Home > 住居・家屋> ドリームネット

ドリームネット


住宅ローンの関連情報

住宅ローン(じゅうたくローン、housing loan、mortgage)は、「本人及びその家族」または「本人の家族」が居住するための住宅及びそれに付随する土地(一戸建て、マンション)を購入、新築、増築、改築、既存住宅ローンの借り換えなどを行うために金融機関から受ける融資のことである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

住宅を購入する、ということはまさに一生の大事となることでしょう。それは実に当然なことではあるのですが、それでも多くの人が普通に行っていることですし、そして少なからず成功していることでもあります。お金を借りて、それで住宅を購入する、というのが基本的には一般的なことである、といえるでしょう。それは実に素晴らしいことではありますが、かなりの計画性が求められることでもあります。どのくらいの収入があり、このくらいの毎月の返済であれば大丈夫とかそうした考え方をしっかりと持つことが大事です。欲しいから買うために借りる、というのではなく、10年、20年と長く返済をしていくことになりますから、その点は覚悟しておくべきです。ちなみに色々と大変なことはいくつもありますが最も大変といえるのが保証人になります。正確には連帯保証人なのですが、これによってかなり融資までのハードルが高くなっている現実があります。連帯保証人とは返済ができないときにはすべて負債を負うことになりますし、金融機関がやっている以上、そんなことをすることはまずないのですがキチンと返済がされているとしてもそれでも連帯保証人側に返済を求めることも制度上はできます。要するに自分と一緒に住宅ローンを負って欲しいと頼むようなものであり、相当な覚悟が必要になってくることであるからです。もちろん、本人の収入なども住宅ローンなどにおいては必須であり、返済できるのかどうか、というのはかなりしっかりと審査されることになります。審査、つまりは与信なのですが、これは収入の多寡もそうなのですが安定性が何より重要視されることでも有名です。極端な話、多少収入が低くても安定的な公務員などは一般的にかなり高いレベルの信用を得ることができる、ということになります。そこがまず見られることになるでしょう。何よりも確実に返してくれるためには安定した収入が求められるようになります。

注目キーワード

協同住宅ローン
日本の住宅金融専門会社。東京都目黒区に本社がある。1979年に農林中央金庫、都道府県信用農業協同組合連合会などが出資して設立された。早々に事業所向けの不動産関連融資から撤退ためにバブル経済崩壊後の破綻を免......
住宅ローンアドバイザー
最適な住宅ローンを顧客の立場から提案するためのアドバイザーを養成すべく設立された財団法人住宅金融普及協会が認定する民間資格。
[関連情報:住宅ローン 審査 通し屋
PAGE TOP ↑