横浜ホームスタッフ

Home > 住居・家屋> 横浜ホームスタッフ

横浜ホームスタッフ


リフォームの関連情報

リフォームとは、居住の改築や改装のことで、特に内外装の改装を差す和製英語。 英語の reform は「改心する、改正する」もしくは広く「作り直す」の意であり、日本語の「住宅リフォーム」に相当する語は renovation、refurbish である。また、建築業者の中には「リフォーム」ではなく、「家を作り直す」との意を込めて「リホーム」 (rehome) としているところもある(これも和製英語)。
※テキストはWikipedia より引用しています。

横浜ホームスタッフは「毎日の生活がぐっと快適にかわるリフォーム」を安心価格でご提供しています。得意分野はキッチン、浴室(お風呂)、トイレ、洗面所など水廻りのリフォームと、木材を使ったリフォームです。無料相談受付中!

横浜のリフォーム業者を選ぶ場合には様々なところがありますが、選ぶ基準は一つが価格になります。業者によっても高級な素材を使っているところもあれば、安さを売りにしている業者も少なくありませんので比べてみることが重要になります。また、工務店やリフォーム業者にお願いする場合には、下請け業者を利用することになりますので中間マージンが発生してしまう可能性があるでしょう。中間マージンが発生する場合には、その分料金が高くなる可能性があります。どれぐらい料金が変わってくるかといえば、全体の費用の3パーセントから5パーセントほどですが、大きなリフォームになるほど負担が大きくなります。横浜の業者には、直接自分たちで工事をする業者も存在しています。このような業者を選ぶ場合には、中間マージンは発生しませんのでその分安くなると考えておいた方がよいでしょう。ただし、横浜の中でも直接自分たちでリフォームする業者の場合には、あまり口コミがありませんのでその実態が分からないことがあります。この場合には、業者の見積もりの段階でどのような会社なのかを判断するのがよいでしょう。例えば業者の中には、見積もりのとき顧客を焦らせて契約を結ぼうとする営業マンがいます。確かに業者としても契約を結んで初めて自分たちにお金が入ってきますので契約が取れるかどうかは重要になります。ですが、無理に契約をとろうとする場合やとにかく契約さえとってしまえばよいと考えている業者の場合、工事内容がいい加減になる可能性があるでしょう。よくあるパターンは、「今なら3割引」などとお得感を前面に出して会話をしてくる場合や、「今すぐリフォームしないと危険なことになる」などと脅してくる場合には契約を結んではいけません。それよりも、顧客のことを全面的に考えてくれる業者は良い業者と言えるでしょう。顧客が使いやすいことを第一に考えたリフォームを提案してくれる場合は、そのまま契約を結んでも問題ないと言えます。

注目キーワード

よってがっしょリフォーム
*[]よっ[]てがっ[]しょ[]リフ[]ォー[]ムで[]は[] *どんなリ[]フォ[]ーム[]もご相[]談に応じます。 見積、設計、現場施工まで一貫してスピーディに対応させていただきます。 リフ[]ォ[]ームには大きく分けて増築、...
悪質住宅リフォーム
→悪質リフォーム
PAGE TOP ↑