株式会社北工房

Home > 建築設計> 株式会社北工房

特定建築物定期報告は札幌「株式会社 北工房」にお任せ下さい|定期調査・定期検査


住宅の関連情報

住宅(じゅうたく)は、人の居住を用途とする建築物。「住居」とも言う。生活範囲となる環境を含める場合もある。 ひとつの敷地に一世帯が居住する「一戸建(て)」(戸建(て)、個人住宅とも言う。建築基準法においては専用住宅)と、複数世帯が居住する「集合住宅」(建築基準法においては共同住宅)とに大別される。また、自己が所有し居住する持ち家と、他人が所有する住宅を借りて居住する貸家(貸間)・賃貸住宅に分けることもできる。 その形には、社会の変化に応じて流行もあり、和風住宅、洋風、欧風住宅といった呼び名があり、また、高齢者の在宅ケアなどのための同居する人が増えるようになり、二世帯、三世帯住宅や、高齢者住宅、バリアフリー住宅といった呼称も出てきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

特定建築物定期報告は札幌市「株式会社 北工房」にお任せ下さい。設計事務所の確かな技術と経験で、アフターフォローまでしっかり対応。特定建築物定期報告の無料相談も行っております。定期調査・定期検査でお困りの事があれば、お気軽にご相談ください。

特定建築物定期報告は、大型施設を運営している人にとって、欠かすことができない報告です。建築法により、定期的に施設調査をし、その安全性を報告しなければならないので、必ず意識しておきましょう。定期的に報告するとは言え、その際にどこの業者にお願いすれば良いのか、それがわかっていなければ混乱します。そこで、報告の時期が近づいてきたら、前もって優秀な建築設計事務所をピックアップしておくことが大事です。幸いにも、北海道なら札幌市を中心として、優秀で信頼できる建築設計事務所が山ほど存在しているので、見逃さないようにしておきましょう。インターネット上の口コミが確認できるサイトから、札幌市内にターゲットを絞って、実際に特定建築物定期報告書の作成に携わった、信頼できる事務所を見極めることが大切です。もちろんインターネットだけではなく、他のメディアでも確認することができます。札幌市内で活躍している建築設計事務所なら、様々なメディアで紹介されていることがあるので、アンテナを広げておけば割と早い段階で見つけることができるでしょう。また、ホームページをチェックすることによって、今まで行ってきた業務の事でも確認できます。特定建築物定期報告の手伝いを今まで幾度と無く行ってきた、実績のある建築設計事務所であれば、さらに安心して任せることができるはずです。当然ながら、料金も業者によって異なります。基本的にこの業界では、延べ床面積の広さによって、調査料金が変わるので、この仕組みは覚えておきましょう。ホームページで目安となる調査料金は確認できますが、実際に現場に来てもらい、見積もり金額を出してもらわなければ何とも言えない部分もあります。ネット上の情報だけで判断せずに、実際に業者とやりとりをして、現場に来てもらってから判断するのが妥当です。また、特定建築物定期報告が終わった後も、定期的なアフターフォローをしてくれる、良心的な業者を選んだ方が良いでしょう。

注目キーワード

住宅街
住宅地が集まった地域のこと。
注文住宅
工務店などの住宅会社が、お客様の要望をヒアリングして建てる、オーダーメイド住宅のこと。 同じ一戸建てでも、分譲住宅や建売住宅は、同じような規格の住宅を複数建てるので、建築コストは安い。
[関連情報:特定建築物定期報告 札幌
PAGE TOP ↑