Kumagaya Rafting ノーティーボーイズ

Home > 嗜好> Kumagaya Rafting ノーティーボーイズ

球磨川のラフティングノーティーボーイズで急流のスリルを楽しめます


船の関連情報

船(ふね、舟、舩)とは、人や物をのせて水上を渡航(移動)する目的で作られた乗り物の総称である。 基本的には海、湖、川などの水上を移動する乗り物を指しているが、広い意味では水中を移動する潜水艇や潜水艦も含まれる。動力は人力・帆・原動機などにより得る。 大和言葉、つまりひらがなやカタカナの「ふね」「フネ」は広範囲のものを指しており、規模や用途の違いに応じて「船・舟・槽・艦」などの漢字が使い分けられている。よりかしこまった総称では船舶(せんぱく)あるいは船艇(せんてい)などとも呼ばれる(→#呼称参照)。 水上を移動するための乗り物には、ホバークラフトのようにエアクッションや表面効果を利用した船に近いものも存在する。また、水上機や飛行艇のように飛行機の機能と船の機能を組み合わせた乗り物も存在し、水上機のフロートや飛行艇の艇体は「浮舟」(うきぶね)と表現される。 なお、宇宙船や飛行船などの水上以外を航行する比較的大型の乗り物も「ふね」「船」「シップ」などと呼ばれる。これらについては宇宙船、飛行船などの各記事を参照のこと。また舟に形状が似ているもの、例えば刺身を盛る浅めの容器、セメントを混ぜるための容器(プラ舟)等々も、その形状から「舟」と呼ばれる。これらについても容器など、各記事を参照のこと。
※テキストはWikipedia より引用しています。

日本三大急流である球磨川のスリルを楽しめる、ラフティングノーティーボーイズです。ベテランのガイドがお客様の夏の思い出作りを全力でお手伝いいたしますので、興味のある方はぜひご利用ください。

成人を迎えて社会に出たらルールを守り、まじめに信頼を得て生きていくのは誰もが重要なことです。でも社会の中であまりにも偏った人間になってしまうのも考えものであり、子供のころのようなピュアな心や、チャレンジ精神まで失ってしまってはいけません。羽目を外しすぎるのは控えるべきですが、本来の明るさや笑いに楽しむことは、いくつになっても持ちルづけるべきものです。年齢を重ねると失敗が許されなくなるだけに、どうしても守りの姿勢に入りがちですが、時には自分を子供時代のように解放してあげることも必要になります。球磨川でのラフティングは心を解きほぐすにも良いスポーツであり、忘れかけていた子供心の純粋さや笑いを、思い出させてくれる水上でのスポーツです。会社ではまじめに生きて仕事をこなすのが大人ですが、球磨川でのラフティングの日には思い切り童心に戻って、家族や仲間と水上でのアウトドアを楽しむのが良い方法になります。家族や昔からの仲間との間であれば、会社で仕事をしているときのような緊張感は一切ないですから、球磨川でのラフティングで思いっきり楽しむのが正解です。堅苦しい日常の生活の中でいつの間にか忘れている、ピュアな心を思い出させてくれるスポーツですし、皆で力を合わせて笑って過ごすことができます。子供は無邪気そのものですが大人だって、アウトドアスポーツをエンジョイするときには、思い切り無邪気になっても罰は当たりません。それどころか時折楽しむこうした水上のアウトドアスポーツをすることで、自分の凝り固まった心を思い切り解放してあげて、また平日の仕事の時には切り替えればよいわけです。社会でまじめに生きる大人としての顔を持ち半面で、週末や連休には家族や友人とのラフティングで、自由に遊んで緊張感は手放すほうが、人生は何かとうまくいきます。アウトドアスポーツをするときまで仕事のことは持ち込む必要はないですし、子供の心に戻ってとにかく無邪気にみんなと遊ぶことで、心のストレスも緊張もすっかりリセットされるので、良い気分転換です。

注目キーワード

大船
*地域として 鎌倉市大船、または大船駅周辺の事。 北側が横浜市栄区で周りが鎌倉市である。 大船観音や、フラワーセンター大船植物園がある。 日本で初めてアメリカザリガニが持ち込まれた場所でもあるらしい。 *駅...
船橋
東京都世田谷区船橋1〜7丁目のこと。 西側には、環状8号線(通称:環八)が走っている。 最寄駅は、大半が小田急小田原線の千歳船橋駅だが、北側(6・7丁目)は、京王線の八幡山駅になる場合もある。
PAGE TOP ↑