pluspa

Home > 暮らし> pluspa

モチベーションアップや健康維持に!うつも克服!スパーブヘルスアカデミー


カウンセリングの関連情報

カウンセリング(英: counseling)とは、依頼者の抱える問題・悩みなどに対し、専門的な知識や技術を用いて行われる相談援助のことである。カウンセリングを行う者をカウンセラー(英: counsellor、米: counselor)、相談員などと呼び、カウンセリングを受ける者をクライエント(client)、カウンセリー(counselee)、相談者/来談者などと呼ぶ。
※テキストはWikipedia より引用しています。

薬に頼らず、自分の力で着実に治していく。「プラス思考の習慣づけ」でうつ克服を目指すスパーブ ヘルス アカデミーご案内しています。

マインドフルネスは心が満たされている状態で瞑想法といわれています。最高のパフォーマンスを引き出す方法として2000年を過ぎたころから企業経営の観点からも注目されています。日本では、うつや自閉症の治療法、ホスピスでの緩和ケアといった医療との関わりから、企業での研修に取り入れることも多くなってきました。もともと仏教の考えから由来したもので、アメリカで一部に注目した考えで徐々に医学や心理学にも使われるようになり、企業ではリーダーシップや人材開発でも活用されています。マインドフルネスは現在行動していることを五感をフルにして行動する状態のことで、人や自分の判断や善悪を主観にせずどんな感情にも客観的になれる状態です。マインドフルネスは心を整える方法として代表的なものが瞑想やヨガです。注目されているマインドフルネス瞑想は高血圧の改善や血糖値やコレステロールの上昇抑制などは科学的にも証明されています。医療現場で注目されているマインドフルネスは患者のストレスの軽減やうつの再発防止を目的としていて8週間のプログラムとして取り入れられています。企業でもマインドフルネスは従業員の幸福感や満足感の向上やモチベーションアップなどに活用されています。スポーツの世界ではパフォーマンスの向上や子供といった若い人向けの教育プログラムとして精神的に落ち着きをもたらせたり学習能力の向上などに活用されています。マインドフルネス瞑想は簡単に自分でも取り入れることができます。背筋を伸ばして椅子に座って、足を肩幅に開いて肩の力を抜きます。目線を斜め前に落としてから目を閉じます。呼吸を自然にしながらも呼吸を意識しますが、呼吸以外のことに注意がそれたときには、どんなことにそれたかを記憶しておき、また呼吸に注意します。はじめたばかりのときには5~10分程繰り返します。禅と一緒ですが、正座をする必要はありませんし、楽な姿勢で意識をコントロールする訓練です。仕事をする前や休憩中に取り入れてみるのがおすすめです。

注目キーワード

カウンセリングマインド
カウンセリング的な考え方や手法を日常生活に活かしていくこと。またその態度、考え、心構えなどを指す和製英語。 「傾聴」と「共感」と「繰り返し」を自らの価値観を脇に置いて実践してみること。 [ISBN:44144031
ピア・カウンセリング
障害者が、当事者同士集まり、お互いの苦しさ、辛さを話しあうことにより、辛さを分かち合い、助言しあっていくこと。略称、ピア・カン。 身体障害者から生まれた運動だが、精神障害者や、思春期の悩み対策などにも......
[関連情報:マインドフルネス
PAGE TOP ↑