スタジオ Remember

Home > 仕事> スタジオ Remember

お探しのページは見つかりませんでした


写真の関連情報

写真(しゃしん、古くは寫眞)とは、 狭義には、穴やレンズを通して対象を結像させ、物体で反射した光および物体が発した光を感光剤に焼き付けたのち、現像処理をして可視化したもの。このとき、感光剤に焼き付けるまでを行う機器は、基本的にカメラと呼ばれる。 広義には、電磁波、粒子線などによって成立する、弁別可能で存続性の高い像。英語の"photograph"という語は、イギリスの天文学者ジョン・ハーシェルが創案した。photo-は「光の」、-graphは「かく(書く、描く)もの」「かかれたもの」という意味で、日本語で「光画」とも訳される。"photograph"から、略して"フォト"と呼ぶこともある。 日本語の「写真」という言葉は、中国語の「真を写したもの」からである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

デジタル技術が進んでいる影響で、個人で撮影や写真を楽しむ方が増えています。プロ顔負けの技術を持っているケースもありますし、風景や人物撮影に凝っている方も多いのではないでしょうか。趣味を極めることで、更なる上達を目指す気持ちは当然です。そんな方こそ、撮影スタジオを有効に使ってみてはどうでしょうか。カメラ店には専用の撮影スタジオが設置されていますし、使用料を払うことで様々な機材を使うことが出来ます。記念日に訪れる家族が増えていますし、仕上がった写真や映像を見て、感嘆の声が上がっているようです。子ども用の衣装も数多くスタンバイされていますし、時間の許す限り楽しむことが出来ます。スタッフも親身になってサポートをしてくれるので、分からないことがあっても安心です。また、近年の普及を支えているのが大学や専門学校ではないでしょうか。デジタルアートやプロジェクションマッピングを学びたいと願う若者は多いですし、高いレベルで知識と経験を積むことが出来ます。ひと昔前であれば想像も付かなかった映像を撮ることが出来ますし、夢や目標が広がる要因になっています。撮影スタジオを設けている学校は多いですし、学生の鍛練の場所として活用されています。素晴らしい機材を使用することは上達への一歩ですし、意欲のある学生はチャレンジをするべきです。映像の分野においては欧米の後塵を拝している日本ですが、これからは大きな変化が生じる可能性があります。環境が整備されることで、人材の育成が加速することは確実です。色々な場所で技術が活用されるはずですし、一般にも恩恵は大きいのではないでしょうか。保存の技術も進化を遂げていますし、近い将来は撮影スタジオも更なる進化が見られるはずです。ドローンの普及も急ピッチですし、これまで見たことのない映像に触れる機会も増えると思われます。スポーツや文化に活かされるでしょうし、楽しみが増えるはずです。

注目キーワード

生写真
ブロマイドやグラビアなどの写真に対して、撮影した後は現像及び焼き増し以外手を加えない写真の事。
心霊写真
霊が映っていたり、霊の影響で映るべきものが映っていないとされる写真。多くの場合良くない霊が映りこむとされ、ものによっては持っているだけ、見るだけで霊障があるとされるものもある。その場にいなかった人が映......
[関連情報:撮影スタジオ 渋谷
PAGE TOP ↑