ONELIFE

Home > 仕事> ONELIFE

結婚式カメラマン・前撮り・フォトウェディングならONELIFE


写真の関連情報

写真(しゃしん、古くは寫眞)とは、 狭義には、穴やレンズを通して対象を結像させ、物体で反射した光および物体が発した光を感光剤に焼き付けたのち、現像処理をして可視化したもの。このとき、感光剤に焼き付けるまでを行う機器は、基本的にカメラと呼ばれる。 広義には、電磁波、粒子線などによって成立する、弁別可能で存続性の高い像。英語の"photograph"という語は、イギリスの天文学者ジョン・ハーシェルが創案した。photo-は「光の」、-graphは「かく(書く、描く)もの」「かかれたもの」という意味で、日本語で「光画」とも訳される。"photograph"から、略して"フォト"と呼ぶこともある。 日本語の「写真」という言葉は、中国語の「真を写したもの」からである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

昔に比べると格段に進歩を遂げているのが、映像ではないでしょうか。カメラの画質が上がっているのはもちろんですが、記憶媒体の小型化が進んでいることも要因です。美しい映像が未来永劫残るのは幸せなことですし、制作会社には依頼が殺到しているようです。映像が最も重要視される機会としては、結婚式があるのではないでしょうか。プロフィールビデオは新郎新婦のことを紹介するのに欠かせませんし、結婚式の様子を撮影することも必要不可欠です。結婚式場やホテルでは専属のカメラマンを雇っていて、彼らに任せておくと安心です。近年は編集の技術も驚くような進歩を遂げていますし、仕上がった映像を見て驚くのではないでしょうか。専属のカメラマンを目指す若者も増えていて、専門学校の志願者も増えています。誰もがプロとして活動出来る訳ではありませんが、幸せな場面に立ち会えるやりがいのある仕事と言えるのではないでしょうか。スポーツ中継でもそうですが、カメラマンに求められているのは、一瞬を見逃さない判断力です。常にアンテナを張り巡らせておくことが重要ですし、それこそが一流カメラマンになれる秘訣ではないでしょうか。女性の活躍も目立っていますし、副業として専属のカメラマンになるケースも増えています。短い時間で効率良く稼ぐことが出来ますし、魅力たっぷりの仕事と言えそうです。様々な婚活サービスや結婚相談所の登場で、結婚市場に再び活気が戻りつつあります。少子高齢化解消に向けても、結婚市場が活気に溢れるのは良いことです。各種映像が呼び水になり、幸せになりたいと願うカップルが増えるのは素晴らしいことです。高性能のカメラも多く発売されていますし、取り扱いも簡単に出来ています。カメラマンの仕事は、誰もが憧れる仕事になっています。幸せを運んでくれる存在です。

注目キーワード

写真集
写真によって主要な内容が構成されている書籍のこと。 一般に英訳の際は、Photo Book と記載されることが多い。
写真
光学的方法で感光材料面に写しとった物体の映像。一般には物体からの光を写真レンズで集めてフィルム・乾板などに結像させ、これを現像液で処理して陰画とし、印画紙などに焼き付けて陽画を作る。 日本では1857年に...
PAGE TOP ↑